【ハンタ】382話ネタバレ感想・考察

HUNTER✕HUNTER

連載再開2話目。今週はかなり話が動きましたね。

ハルケン覚醒

はぇ~~~ハルケンの狙いはクーデーターだったのは予想外。手紙を毎日届けるのは脳内お花畑なのかと思ってました。

しかし急に覚悟を決めて継承戦に挑むのは違和感のある展開というか、キャラ増やしすぎて描写が雑になってると感じました。合理的に考えれば、継承戦に参加する以外の解決法をもっと模索するべき段階なのに…。

そして今週の説明を見る限り、臨戦態勢のハルケンブルクは倒せない。不意打ちするか、周囲から崩すか、単独行動(晩餐会)を狙うか……しばらくはベンジャミンvsハルケンブルクになるんでしょうか。

ハルケンブルクの能力は操作系なので勢力拡大前に潰すのが理想ですが、送り込んだ兵隊が操作されるリスクを考えると手を出しにくく……やっぱ操作系ずるくない?

あとは、地味にシカクの能力も気になります。「ハルケンブルクの能力を奪取しろ」というベンジャミンの指令を考えると、クラピカの人差し指と同じタイプでしょうか。ハルケンブルクも部下も念能力者じゃない(よね?)と思うので使いこなすのは難しそうですが……

儀式の止め方が見えてこない

ナスビは「ワシも儀式の一部」「役割があるから死なないようになっている」と言っています。「ナスビを殺す」という安易な解決はできない…と。この分だと「船外に脱出する」も無理そうです。そんな分かりやすい脆弱性はルールを考える時に真っ先に対策されるでしょう。

継承戦はルール外の行動は念獣が阻止する、念で作られた巨大なシステムという意味でグリードアイランドが割と近いイメージなのかな、と思いました。(元が呪いの壺なので、グリードアイランドほと計算されてプログラミングされいる訳ではないでしょうが)

ルールに則った上で儀式を止める方法が存在するか、ルールの穴を突くような形で止めるのか……ちょっと検討がつかないです。クラピカやビルがいくつか脱出のアイデアを持ってそうですが、その割に持久戦してるのが謎なんですよね。すぐには実行できない方法?

サレサレンゴwwww

サレサレェーーーーーー!!!!!

し、しんだ……

ムシャホ犯人説どうなるんだ?

他に犯人らしい人間がいないんだが……冨樫先生の掌の上で踊らされてる感しかない……

 

HUNTER✕HUNTER