【ハンタ】384話ネタバレ感想と考察

HUNTER✕HUNTER

連載再開4話目。時間が一日巻き戻り、晩餐会の前日になっていますね。

そして場面は旅団へと……!!

継承戦の行方やサイレントマジョリティーも気になりますが、やはり私が一番ワクワクするのは旅団が出た回ですねぇ

ひょっとして私の感性は中学生ぐらいから変わってないのかな(^o^)

抗争勃発?!

カキン式マフィア抗争ルールがいかにも「旅団とエイ=イ組をぶつけるために都合がいい」って内容に聞こえます。オウさんとタハオさんが共謀して適当な嘘をついてる可能性もありそうですが……疑いすぎかな?

オウさんは表面上は旅団に友好的に接しており、「早めに潰す」と言っていましたが、旅団と直接戦う気はなさそうですね。賢明です。

そして旅団はアホの子脳筋集団らしく、シャ=ア一家の策略どおりにエイ=イ一家と戦いを始めそうです。

しっかし、まだルイーニーが捕まってないのは予想外でした。十二支ンゴ……

エイ=イ組は強いの?

行方不明者300名という数字をエイ=イ組の人数23で割ると現在のサイキンオセンの平均レベルは14程度ということが分かります。つまり固有能力を覚えていない者、覚えたての者が多い段階ですから、まだまだ弱いと思いますね。実際の死者が倍の600人と仮定しても平均レベルは30程度だから、やはりまだ細菌汚染の初期段階ということでしょう。

そして旅団は真っ直ぐモレナを狙うようですが、先にモレナを殺してしまうと生き残った他のエイ=イ一家が死後の念で強化されそうなので、これは悪手ではないでしょうか?サイキンオセンは死後の念まで面倒でほんとクソみたいな能力ですね。

見つからないヒソカ

「五層にはヒソカはいない」らしいですが、マフィアの下っ端を使って調査しているそうなので、あまり信用できないんですよねぇ。マフィアはヒソカを先に見つけた場合に旅団に正直に教えてくれる可能性は低いです。

ヒソカが見つからない間は旅団は第一層に行かないため継承戦の邪魔をされる心配はなく、更にシャ=ア一家は旅団との協定が維持でき、マフィア側には「ヒソカが見つからない」メリットの方が遥かに大きいのです。むしろヒソカの目的が旅団壊滅だと知れば、裏でヒソカと手を組み、旅団を売るという展開もありそうです。

とはいえ、個人的に「ヒソカが五層にいない」は本当だと思いました。もしヒソカが五層にいるなら、一週間の間にヒソカから旅団への襲撃があるのが自然ですからね。私は以前「ヒソカは五層にいて、フランクリンを襲う」と予想しましたが、またも外れたようです。

一週間なにもしなかったということは、ヒソカは「最速で旅団メンバーを探して見境なく襲う」という方針ではなさそうですね。

ツェリードニヒが能力を習得!!!

いや早すぎるでしょwwww

一週間で纏と練を高いレベルで習得して、発も勝手に習得するとは……。クラピカが延々と鎖を触り続けて具現化系の修行したというエピソードがありましたが、才能の格が違いすぎますね。

そして能力は2体目の念獣。身体能力や戦闘技術はすぐには上達しないでしょうが、特質系の念獣となると格上でも喰えそうな”凄み”があります。絶対にロクな能力じゃない。

今後の展開はどうなる?

ツェリードニヒとモレナが連携できてないっていうのは意外でした。キチガイ同士で共鳴してるんだとばかり……。

ツェリードニヒの「手が空き次第オレも動く」という言葉の意味はなんなのか。「上層で王子を殺りはじめる」なのか「下層に降りてモレナを探す」なのか「下層に降りてエイ=イ一家と一緒に殺しを楽しむ」なのか……。

普通に考えれば前者ですが、ツェリードニヒの性癖から後者もありえそうです。どう転んでもいやな予感しかしない。

まさかの旅団 vs ツェリードニヒもありえるんでしょうか?その流れは全く予想していませんでした。

あ、テータの狙いは分かりませんが、どうせ上手くいかないんだろって思ってます。テータちゃん…そろそろバイバイかな…

HUNTER✕HUNTER