【ヤングジャンプ】43号感想

ヤングジャンプ

案の定、ブログの更新が止まりつつある……。

記事の下書きぐらいまで書いて「駄文乙」って捨てる行為を毎日やってる。悲しい。

とりあえずヤングジャンプの好きな漫画の感想を投下してお茶を濁します。

リクドウ

作中初の世界戦が敵vs敵。息の長いボクシング漫画ですが、完全にどっちが勝つか分からない試合は初めてでは?敵vs敵はベストバウトになりやすいですし、いまヤンジャンで最も熱い漫画だと思います。

ちなみに私は椿推しです。

ゴールデンカムイ

牛山なにしてんだよwww相変わらず意味がわからない漫画だwww

ゴールデンカムイはテンポが早いから、クソどうでもいい脇道に話がそれても引き伸ばし感がなく、安心して読めますね。このエピソードも数週間で終わりそうです。

バトゥーキ

ようやく盛り上がってきましたが、この家族が不幸になりそうでつらい…。

でも「家族が敵にやられて幼少編完、数年後に成長した主人公が仇討ちに行く」みたいなありがちな展開はやってこないと思うんですよね。「自由を得るための強さ」みたいなテーマの漫画だと思うので、単純なバトル漫画にはしてこないんじゃないかなと思います。

現代社会で「格闘技」と「自由」はあまり結びつかない要素だと思いますが、そこに迫先生がどういう哲学を見出しているのか、完結まで追いかけたい漫画です。

ヤングジャンプ